RX-8カーボンペラシャフト

ずっとFD3Sに流用出来ないものかと考えていたRX-8カーボンプロペラシャフト・・・
しかし、一つもそんな話(流用してみようっていう話すら)なかったので、無理なのかなと思いつつ自分で調べてみることにしました。
□□□□
で、手に持って・・・車の横に立ってみる・・・・
これは・・・無理だ(*´д`)
明らかに長すぎる・・・・
後日古巣で作業する予定があったのでリフトアップしてあわせてみる。。。
やはり・・・撃沈・・・Orz
でもまぁ。とりあえずペラシャフトをざっくり調べてみましたよ。
FD3Sには無理でもNAとかNBとかは無理なんでしょうか???
ユニバーサルジョイントの品番は一緒だったのであるいは・・・・
とか無責任に話を放り投げてみる(´・ω・`)
とはいっても周りにロードスターの人が居ないので結局は分かりませんが・・・
あわせてみたい人はご連絡ください。
□□□□
RX-8 6MT カーボンペラシャフト 
RX-8 カーボンペラシャフト
重量・・・5.6㎏前後
長さ・・・1080mm ユニバーサルジョイント部分(つまりフランジ・差込み含まず)
ただし、上記数字に責任は持てません。参考程度にしてください。ほんとにざっくりですから・・・

レクサス GSキャリパー 事始め

さて、これはレクサスGSやLSに装着されていたりするキャリパーです。
(200903注釈)
LSはφ332のタイプでも、これとはまた違うキャリパーが装着されていますね。
バージョンSとも品番が違っていますが、対応ローターは非常に大径でもつかめそうです。
後日LSキャリパーを購入して気が付きました。(ん?)
(200903注釈)
レクサス GS キャリパー
随分前からキャリパーは入手していたのですが、装着していたホイールがFD3S純正ホイールである16インチでした。
そのため装着はまぁ無理だろうな・・・と思いつつ手元に17インチ用2ピースローターベルがあったので、このローターベル + ニッサンGT-R系324φローター + レクサスキャリパーで使うことを考えていました。
しかし、ホイールがCPV35純正18インチホイールになったため特に外径には気を使うこともなくなったので、路線変更です。
とりあえずオーソドックスなGS純正キャリパーGS純正ローターの組み合わせでざっくり採寸してみましたがなかなかよい感じなので、今度本格的に採寸取りを行いましょう。
週末にはCKV36純正ローターが到着するので、古巣へ行って設計でもしてみようかと思っています。

エエエエエエェ(゚д゚;)ェエエエエエエエ

それはないわ。って感じな話ですが・・・
先日、FDで湾岸線を走行中、前を走るトラックの下から急に何かが巻き上げられ俺の車に接触。
チラッと見えた感じでは三角コーンの下?についている(真ん中に穴の開いた)ゴムに見えた。
しかし、その場で止まるわけにもいかないので、目的地に着いたところで確認。
( ゚д゚)・・・
フロントフェンダー
結構ひどい・・・
フロントコンビレンズ
極めつけはコンビレンズも・・・
唯一の救いはあたったものがおそらくゴムだったことで、洗車+ネンド+WAXで汚れはある程度取れました。
しかし、多少なりとも石をかんでいた様で・・・レンズ・バンパー・フェンダーすべてに傷が入ってしまっています。
むぅ。これ、高速とかで大事になったときの対策方法を調べておいた方がよさそうですね。

フロントフェンダー

やっぱりと言いますか当たり前と言いますか・・・
8jj OFF+30 ツメ折り無しでは相当厳しいようですね。
早速フロントフェンダーが撃沈しました。
フロントフェンダー
フロント12kというのもこの状態ではまだまだ柔いかもしれません。
フロントフェンダー
後日対策します(´・ω・`)

ホイール変更

車検からあがってきたので早速CPV35純正ホイールへの変更を行いました。
このホイールはハブ径をニッサン純正φ66→φ73ミリに加工しているのでハブリングを準備していました。
RE-dの『CPV35純正ホイール加工』に詳細を後日アップしていきます。
ハブリング
その横にあるセンターキャップはニッサン純正ですが無印のキャップです。
この2点はあらかじめ準備していたものです。
CPV35純正ホイール
タイヤサイズは訳あって235/40R18×4です。
予想していたほどはみ出さず、フロントは収まりました(・∀・)
ただし車高が低すぎるためインナーに擦っています。
やはりフロントタイヤの外径は一回り小さいサイズにした方がよさそうですね。

車検

そろそろ私のFD3Sも車検の時期がやってきたので、仕様変更です。
とはいえ、フロントダンパーの入れ替えぐらいですが・・・
フロント仕様変更
しかし、分かりづらいかもしれませんが、雨です。しかも土砂降り…(*´д`)
足周り分解
この日の夕方に車を持っていかなければならなかったので、カッパを着ての作業です。
いつかの足回り作業の時も雨が降っていたような(苦笑)
しかし、雨が降っているだけでも作業効率は激減しますね。
車検が終わったらついにCPV35ホイールに変更です。

メーター電源

日替わりで色んなメニューにかかっているので作業の内容がめまぐるしくかわりますが・・・
加工用のメーターに電源を入れるための加工を行いました。
メーター
あえて、ハーネスつきのものを買ったので冶具にはもってこいです。
ハーネス分解
ばらして配線をしておきます。
ちなみにそのハーネスについていたタグ。
コネクタータグ
ま、役には立ませんが一応残しておきます。

工具引取り

昨日前の会社へ置きっ放しだった工具を取りに行ってきました。
家用に安い工具箱を置いてあるので、同じサイズのものが2つになります。
めっちゃ邪魔になりそうですね。とりあえず車に積んでありますが(笑)
ついでにリングギアを外してきました。
リングギア
ロックタイトがついているから外すのが面倒だったのでインパクトで。。。
あと、FDのステアリングギアASSYもおいてあったので持って帰ろうとしたら、
「FDのデフケースもここにあるよ」とのこと・・・
アハハ、マダアリマシタカ^^;
それは今度にします(*´д`;)

FD3Sプラグ品番

プラグ交換時によく忘れるのでメモ。
まぁ一本ずつ交換すればいいんですけどね。。。
FD3S プラグ品番
画像のプラグは両方プラチナプラグですが・・・

車両左側から見たエンジンのプラグ位置(笑)

←フロント側
  フロントハウジング リアハウジング
T(トレーディング) BUR9EQP BUR9EQP
R(リーディング) BUR7EQ(P) BUR7EQ(P)

ちなみに5型標準の場合です。

RX-8のデフ分解

今日は落札したRX-8デフ分解プラグ交換をしようかと思ってたんですが、前の会社にメイン工具(プラグレンチ含む)を置きっ放ししていることをすっかり忘れてました。
今度取りに行かねば・・・ついでにフライホイールも持っていこう(・∀・)
ってことで、プラグ交換の方は後日、デフ分解(LSD取り外しまで)の作業です。
今回も前回同様狙っているギア比だと完全に分かっているわけではないので、確認しておかなければなりません。
詳しい分解作業手順はRE-dに譲るとして、ダイジェスト版で(笑)
デフカバー分解
カバー取り外し。
固着したパッキンのために取り外せない場合は、プラハン(もしくはカバーにゴムを挟んで)軽く叩きましょう。カバーを軽く色んな方向から叩くと良いかもしれません。
くれぐれもアルミなので強打はしない。
やはり今回もミラクルは起きませんでした。純正LSDです。
ってRX-8でLSDを交換してる車両は少ないですよね。
スーパーLSDアップ
純正スーパーLSDです。オープンデフ改といった感じです。
バネでプレッシャーをかける仕組みでしょうか?
LSD取り外し完
歯数はリングギア側『44』でほぼ確定でしょう。
あ、なぜかピニオン側を数えるのを忘れていました(*´д`;)

(2008/09/30注釈)
4.44はリングギア44じゃないんですよね~(*´д`)
これは4.3のようです(汗)
(2008/09/30注釈)
メモ帳代わりにサイドベアリング品番(≠純正品番)アップ。
サイドベアリング品番1
サイドベアリング品番2