アーカイブ : 2008年 6月

メーター電源

日替わりで色んなメニューにかかっているので作業の内容がめまぐるしくかわりますが・・・
加工用のメーターに電源を入れるための加工を行いました。
メーター
あえて、ハーネスつきのものを買ったので冶具にはもってこいです。
ハーネス分解
ばらして配線をしておきます。
ちなみにそのハーネスについていたタグ。
コネクタータグ
ま、役には立ませんが一応残しておきます。

工具引取り

昨日前の会社へ置きっ放しだった工具を取りに行ってきました。
家用に安い工具箱を置いてあるので、同じサイズのものが2つになります。
めっちゃ邪魔になりそうですね。とりあえず車に積んでありますが(笑)
ついでにリングギアを外してきました。
リングギア
ロックタイトがついているから外すのが面倒だったのでインパクトで。。。
あと、FDのステアリングギアASSYもおいてあったので持って帰ろうとしたら、
「FDのデフケースもここにあるよ」とのこと・・・
アハハ、マダアリマシタカ^^;
それは今度にします(*´д`;)

FD3Sプラグ品番

プラグ交換時によく忘れるのでメモ。
まぁ一本ずつ交換すればいいんですけどね。。。
FD3S プラグ品番
画像のプラグは両方プラチナプラグですが・・・

車両左側から見たエンジンのプラグ位置(笑)

←フロント側
  フロントハウジング リアハウジング
T(トレーディング) BUR9EQP BUR9EQP
R(リーディング) BUR7EQ(P) BUR7EQ(P)

ちなみに5型標準の場合です。

RX-8のデフ分解

今日は落札したRX-8デフ分解プラグ交換をしようかと思ってたんですが、前の会社にメイン工具(プラグレンチ含む)を置きっ放ししていることをすっかり忘れてました。
今度取りに行かねば・・・ついでにフライホイールも持っていこう(・∀・)
ってことで、プラグ交換の方は後日、デフ分解(LSD取り外しまで)の作業です。
今回も前回同様狙っているギア比だと完全に分かっているわけではないので、確認しておかなければなりません。
詳しい分解作業手順はRE-dに譲るとして、ダイジェスト版で(笑)
デフカバー分解
カバー取り外し。
固着したパッキンのために取り外せない場合は、プラハン(もしくはカバーにゴムを挟んで)軽く叩きましょう。カバーを軽く色んな方向から叩くと良いかもしれません。
くれぐれもアルミなので強打はしない。
やはり今回もミラクルは起きませんでした。純正LSDです。
ってRX-8でLSDを交換してる車両は少ないですよね。
スーパーLSDアップ
純正スーパーLSDです。オープンデフ改といった感じです。
バネでプレッシャーをかける仕組みでしょうか?
LSD取り外し完
歯数はリングギア側『44』でほぼ確定でしょう。
あ、なぜかピニオン側を数えるのを忘れていました(*´д`;)

(2008/09/30注釈)
4.44はリングギア44じゃないんですよね~(*´д`)
これは4.3のようです(汗)
(2008/09/30注釈)
メモ帳代わりにサイドベアリング品番(≠純正品番)アップ。
サイドベアリング品番1
サイドベアリング品番2

ツインプレート

オークションで買ったツインプレート眺めてたら、何気にカウンターウエイトがついていましたよ。元が取れました(・∀・)
フライホイールをあとで加工する予定にしておきます。
メモ—422022
N351-11-521
スプライン26.2
歯数23